雌花着生
4月まきで50~70%、
8月まきで30~50%、各節1果成りが主体となる。
果実
22~23cmで、果色は濃緑、肩こけ少なく果長の変化が少ない。
草姿
草勢は中、側枝、孫枝とも安定して発生する。
葉は濃緑で中葉、受光態勢の良い草姿となり、管理作業が行いやすい。
収量性
果実肥大は非常に早く、初期から多収となり、樹ボケの心配は少ない。
また高温下においても順調に果実肥大し、尻細果の発生は少ない。
耐病性
褐斑病、うどんこ病に強く、べと病にも比較的強いため、
薬剤散布が軽減でき、栽培後半まで安定した栽培が行える。

栽培のポイント
台木は、ぞっこん、ときわパワーZ2、ときわGT-2が適する。
果実肥大が早いため、灌水は多めにおこない、追肥は遅れないようにする。



人気提案 きゅうり種クラージュ2(350粒)ときわ交配-野菜の種子

+詳しく探す

転職・求人情報サイトFind Job!

<お取り寄せ品>mcn長袖プレミアムサイクルジャージ(ロングスリーブ)SKYFALL自転車サイクルウェア・サイクリングウェア【店頭受取対応商品】